人気ブログランキング |

ハコスカ写真館

ケバケバ。

窓修理のつづき・・・


一日経つとエンビ板もしっかりくっ付いていたので、別の気になる箇所を修理。
それはドア上部の窓に接するモールの部分。黒い毛足の長いケバケバしたヤツね。
上下に毛は残ってるんだけど、窓に当たる部分は磨り減って完全にハゲてる。
このままではゴミやホコリが入って、水気とくっ付いて小さな泥のようになり、錆びて腐ってしまう恐れが・・・。

そこでホームセンターで黒毛のモールを物色。
純正のは幅が広いんだけどもちろんそんなものはないので、狭いものを上下に並べれば代用できそうな感じ。
あとは純正に近い毛の長さの物を選んで長めに購入。裏側が両面テープで確か1.5mで400円くらいだったかな(笑)
家に帰ってさっそく当ててみるとちょっと毛足が長かったようだが、まぁ違和感はそんなになかった。

問題は純正のモールの取り外し。
太めのホチキスみたいな金属でガッシリ留まってるんだけど、たぶんコレを外すと再利用するのは無理だと思う。
前にスプラッシュプレートのゴムを作った時にもホチキス外したけど、錆びて折れちゃうものがほとんどだった。

そこで外すのは諦め、剥げてる真ん中の部分にそのままあてがってみると、ちょうどいい感じ。
っで、テープをはがして貼って、元の毛と馴染ませてみると・・・


   ゲジゲジ眉みてぇ(爆)



でも内張りを取り付けてみたら、ほとんどの部分はドア内に隠れてしまうので全然問題なし!
窓との隙間もしっかりふさがってるし、かといって開閉に支障が出る抵抗もないし。
両面テープが剥がれてしまうかが心配だったけど、案外強力でたぶん大丈夫だと思う。
まぁ剥がれてしまっても数百円なのでまた張り替えてもいいしね。


こうしてレギュレーター、内張りのピン、窓のモールとドア周りの修理は完了。
純正品には敵わないけど、自分で考えて工夫すれば案外安く修復できるのよね~^^
by chokusen-banchoo | 2012-03-22 23:51 | メンテナンス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kgc10kai.exblog.jp/tb/17584626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。